メタップスの株価への影響は?キャッシュレス関連pringの思惑

メタップスの株価への影響は?キャッシュレス関連pringの思惑



無料の送金アプリであるpringが本日リリース一周年を迎えたようです。

以前からキャッシュレス関連として管理人も注目しており、管理人も実際にアプリのユーザーでもあります。



無料送金アプリ「pring」、リリースから1年で送金額が累計15億円を突破。




昨日も法人向けにリリースが出ており、動きが加速しているようでしたので今回記事としてまとめました。


法人から個人への送金サービス「業務用プリン」を正式リリース。 2019年内の利用を無料に。



pringは下記の記事でもあるように、単体での上場を目指しておりメタップスの持分法適用会社になります。

直近では株価の低迷しているメタップスですが、ブロックチェーンゲームやタイムバンクといった大化けする可能性のあるサービスも、会長の佐藤さんの下で進められており材料が豊富にある企業です。

今後pringの上場が現実的となればメタップスの株価に影響を与える事も考えられますので、本サイトでも動向を追っていきたいと思います。



QR決済・無料送金アプリの「pring」が12.8億円を調達——“お金のコミュニケーション”軸に独自路線で拡大へ